長谷川研OBの吉田靖雄准教授が日本表面真空学会会誌賞を受賞

長谷川研OBで現在は金沢大学で活躍中の吉田准教授、長谷川研OBで現在はテンプル大博士研究員の土師さん、長谷川先生が執筆した「スピン分解走査トンネル顕微鏡による表面磁性の研究」に関する解説記事が、日本表面真空学会の会誌賞を受賞しました。長谷川研がスピン分解STMを使った研究を行えるグループだとアピールできるいい機会になりましたね。今後もバンバン結果を出していかないといけないですね~

コメントを残す