New papers have been published

長谷川研OBの浅川さんと卒業生の大黒さんらと、阪大花咲研究室との共同研究で、SnSe上における欠陥に起因する電荷密度波構造を STMによって詳細に調べた成果が、Japanese Journal of Applied Physicsに掲載されました!

さらに、特任研究員のYangさんらと、東大物性研の中辻研究室・尾崎研究室との共同研究で、第一原理計算とSTM観察から、ワイル半金属候補物質Mn3Sn上でMnのd軌道によって明るく画像化されたSn原子 がハニカム(六角)格子として観察されていることをまとめた成果がScientific Reportsに掲載されました!

詳しくはこちら。

コメントを残す