ICSPM27に参加

2019年12月5~7日に 静岡県伊豆市のホテルラフォーレ修善寺で行われた国際コロキウムICSPM27に長谷川研から、長谷川先生、修士2年の佐藤さん、技職の浜田の3人が参加してきました。
 会場までは、東京駅から特急踊り子号で乗り変えることなく、最寄りの修善寺駅に2時間程度でアクセスできます。そして、シャトルバスに乗り換えて20分ほどアクロバティックな道を登った自然豊かな高台に、ゴルフ場・テニスコート・温泉・結婚式場などを備えた会場がありました。ただし、修善寺駅では、交通系ICカードやクレジットカードが使えないので注意が必要です。

講演リスト
・S1-5 “Role of steps on Pb atomic-layer superconductivity”
Y. Sato, F. Oguro, K. Asakawa, T. Uchihashi, Y. Hasegawa

・S6-2 “Surface state conductivity on the Si(111)-7×7 surface measured by scanning tunneling potentiometry”
M. Hamada, H. H. Yang, Y. Hasegawa

佐藤さんの発表の様子

バンケットでは太鼓のデモンストレーションやその後のカラオケ大会?などがあって大変盛り上がっていました。

ICSPM27には、130人が参加し、招待講演を含めて35の講演と55のポスター発表が行われ、研究の活発な交流の場となっていました。

ここから以下は余談です。

特急踊り子号の写真です。(修善寺駅にて撮影)驚くべきことに、国鉄時代の車両がまだ現役で走っています。今の大学院生よりも先輩かもしれません。

昔の車両のせいか、座席も微妙に狭いようで、又、走行中結構揺れます。パソコン作業はちょっとやりにくいかもしれません。
ちなみに、機内持ち込みサイズのスーツケースでも上の棚には、危なくて置けませんでした。足元に置くしかないようです。狭い!!

JR三島駅から伊豆箱根鉄道に入ってしばらくすると、進行方向の左右に左の写真のような山々が現れます。まるで、ミニ山脈とでも言いましょうか・・・・

帰りの踊り子号(東京行き)では、静岡限定の「静岡麦酒」の味見をしているうちに、寝てしまいました。

コメントを残す